So-net無料ブログ作成

トレンド速報

 
前の3件 | -

熱海梅園 梅まつり 2013の開花状況~今が見頃!!~ [観光]

umehana.jpg

いろんなお花見の名所を紹介してますが
今日は今すぐ花見がしたい方にはピッタリの
場所を紹介します。

熱海梅園の梅まつりです!

本当は3日までの予定でしたが今が見頃ってことで
開催期間が延長になりました!


10日まで開催する予定だそうですので
満開の梅の花を見るなら今ですよ~。

今回も初めて行く方のためにも熱海梅園について紹介します。

・熱海梅園

熱海梅園は、内務省の初代衛生局長であった長与専斎が
「きゅう汽館」という温泉療養施設ができたことに対して、

「温泉は体にいいけど、適度に運動するからいいんだよ。
温泉に入ってばっかりじゃ逆に健康にも良くないでしょ!」

みたいなことを言ったのが発端となって梅園が造られたそうです。


熱海梅園は日本一早咲きの梅と言われています。

1886年(明治19年)に開園し、現在58品種、464本の木があります。
種類がたくさんあっていろんな花を楽しめるのがいいですよね。

・梅まつりについて

開催期間:2013年1月12日(土)~3月10日

料金
・一般300円
・団体200円(11名以上)
・熱海市民、市内宿泊者100円 (住所や宿泊先を証明できるものが必要です)

開園時間は8:30~16:00です。
それ以外の時間は無料開放しています。

・気になる開花状況

3月4日現在の状況で7~8分咲が多いようです
遅咲きのもので5分咲ぐらいです。

今が最高の見頃です!
思いっきり梅の花を堪能できますよ!

早速満開の梅を楽しんできている方も
沢山いるみたいです。
これから見に行く方も楽しんできてくださいね~。

まだまだ寒いと思うのでくれぐれも風邪には
気をつけてくださいね。

宿泊される方はこちらでオススメ宿を探してみると
いいですよ↓

⇒ 熱海梅園オススメ宿はこちら(楽天トラベル)

梅まつり特別プランなども有るのでより梅祭りを
楽しむことができますよ。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

筑波山 梅まつり 2013の開花状況 [観光]

hakubai.jpg

今はいろんなところで桜まつりや梅まつりが開催されていますね。

あなたは見に行きました?

現実はまだ満開の花を見れるところは
少ないようですね。

やっぱり見るなら満開の花を見たいですよね。

というわけで、今日は筑波山の梅まつりを調べました。

・筑波山梅まつり

開催期間:2013年2月16日(土)~2013年3月24日(日)

筑波山梅林は標高250mあたりに位置します。
筑波山は紅梅だけでなく、白梅や緑がく梅が咲き誇り
色鮮やかで美しい梅の花を楽しむことができます。

梅林の最上部には「展望あづまや」があり、そこからは
梅林と一緒に山麓のきれいな田園風景も見ることができます。
天気がいい日は東京スカイツリーや富士山も見ることができる
ので、関東一体の絶景を一望することができますよ。


・イベント情報

今後の予定として、3月10日に筑波山40周年記念感謝イベント
があります。

主な内容は、
・和太鼓や津軽三味線のパフォーマンス
・ご当地キャラの紹介
などが行われます。

ほかにも梅キングを決める「梅の種飛ばし選手権」が開催されるようです。
ルールはいたってシンプル。
誰がいちばん遠くに種を飛ばせるか競います。
優勝者には賞品もあるらしいので自身のある方はぜひご参加を。
(梅干しとかがもらえるんでしょうか?)

あっ、あと毎日梅茶がいただけるそうですよ!
まだ寒いでしょうからこういうサービスはいいですよね。


・開花状況

いちばん気になる開花状況ですが、
紅梅が8分咲、白梅がつばみ
位の状態のようですね。

筑波山も見頃はもう少し・・・という感じですね。
紅梅だけなら今からでも楽しむことができるのでは
ないでしょうか。

3月中旬以降が見頃じゃないかなと思います。

見に行かれる方は梅の花や綺麗な景色を
堪能してきてくださいね。

よかったら見に行った感想などを頂けると嬉しいです。
気が向いたら教えてくださいね~


遠方から観光するならこちらでオススメ宿
を探してみるといいですよ↓

⇒ 筑波山オススメ宿はこちら (楽天トラベル)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

水戸偕楽園梅まつり2013の開花状況~見頃はまだまだ先~ [観光]

ume.jpg

今年も水戸の偕楽園で梅まつり
が開催されていますね。
今年で117回目を迎えました。

偕楽園は金沢の兼六園、岡山の後楽園とともに
「日本の三公園」としても有名ですよね。
梅の名所として毎年多くの方が観光に来られます。

もう春を感じられるところもたくさんあるんですね~
羨ましい限りです。

北海道では未だに除雪をしております(苦笑)

そんなことはさて置き、水戸の梅祭りに付いて紹介していきます。

水戸梅まつり

水戸の梅まつりの起源となったのは明治29年。
水戸と上野を結ぶ鉄道が開通し梅の花を楽しむための
列車が走ったことが始まりです。

後に現在の常磐線が開通したことにより
多くの観光客が集まったことから梅まつりが
誕生しました。


【梅まつり詳細】

開催期間 2013年2月20日(水)~2013年3月31日(日)
入園料 無料(ただし、好文亭は有料。大人190円、子供100円)
開催地 偕楽園、弘道館


ちなみに、日曜日は観梅デーとなっていて
野点茶会や大撮影会などのイベントも行っています。

満開の花が見られるのはまだまだ先

3月1日現在の様子を見てみるとほとんど咲いていません。
開花しているのは3072本のうち260本しかないそうです。
例年より3週間も開花が遅れているみたいですね。
寒波の影響がかなり強く出てます。

梅祭りを実際に見に行かれた方によると ほとんど何もない状態だとのことです。
今行くとかなり残念な結果になるので気をつけてください。


満開の梅を見られるのはまだまだ先の話のようですね。
3月中旬から下旬あたりが見頃になるんじゃないでしょうか。

梅まつりが終わる前には満開を迎えて欲しいですね。

遠方から来られる方にオススメの宿泊プランもありますよ。

⇒ 水戸偕楽園オススメ宿はこちら(楽天トラベル)







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。